推古天皇元年(593年) 聖徳太子による創建
多宝塔は慶長2年(1597年) 豊臣秀吉による再建
金堂は元和4年(1618年) 徳川2代目将軍秀忠による再建
 愛染堂トップページへ
最新情報  歴 史 境 内 仏 尊 年中行事
愛染まつり お 守 り ご 祈 祷 交通アクセス Twitter
大阪三大夏祭り 愛染まつり
令和4年は毎年6月30日、7月1日の2日間となります。


大阪の夏祭りは愛染さんに始まり、天神さんを越えて住吉さんで終わります。

【CONTENTS】

新聞、テレビでの報道

今年の愛染まつりに関する新聞報道のご紹介です。

愛染明王のご開帳
愛染堂ご本尊愛染明王、多宝塔ご本尊・大日大勝金剛尊の特別ご開帳あり。

宝恵駕籠パレード
本年は宝恵かごパレードは初日に行う予定です。
出発地点は清風情報工科学院ですが、宝恵駕籠は天王寺公園から出発します。


新聞、テレビでの報道


Yahoo!ニュース(あべの経済新聞)

大阪三大夏祭り「愛染まつり」開催へ
宝恵駕籠パレード復活も

https://abeno.keizai.biz/headline/3885/


 愛染まつりは、天神祭、住吉祭と並んで大阪三大夏祭りの一つに数えられ、夏祭りの先駆けとして知られる。同寺は593年に聖徳太子によって建立されたと伝えられ、同祭が日本最古の夏祭りという。

 昨年に続き、新型コロナウイルス感染症対策で例年の3日間から2日間に短縮するなど規模を縮小するが、2018(平成30)年から中止していた、天王寺駅付近から同寺まで練り歩く愛染娘らの「宝恵駕籠(ほえかご)パレード」は初日に行う予定。
続きを読む
 
  

ラジオ大阪
OBCグッドアフタヌーン!原田年晴 かぶりつきマンデー!

https://radiko.jp/#!/ts/OBC/20220627122000

うまく番組までたどり着けない場合は検索窓から「原田年晴」で検索してください。

6月27日放送分の12時39分頃から10分間お話されています。


radiko公式サイトへ
 
  

大阪日日新聞
宝恵駕籠パレード復活 疫病退散、世界平和祈る
https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/220628/20220628023.html

数多い大阪の夏祭りの始まりを告げる風物詩「愛染(あいぜん)祭」が30日から2日間の日程で開催される。今年は、諸事情で2018年以降中断していた初日恒例の「宝恵駕籠(ほえかご)パレード」が、5年ぶりに復活。6人の愛染娘をはじめ、東欧ウクライナから避難してきた学生とともにパレードを繰り広げて疫病退散や世界平和を祈願する。

昨年の「愛染祭」で披露されたかご上げ
 愛染祭は聖徳太子ゆかりの和宗総本山四天王寺支院愛染堂勝鬘(しょうまん)院(大阪市天王寺区、山岡武明住職)の伝統行事で、毎年多くの人々が縁結びや商売繁盛を祈願。2014年度には「勝鬘院の愛染まつり」として大阪市指定無形民俗文化財となった。
続きを読む
 
  


令和4年7月1日の新聞記事です。(ネット記事がアップされています)

産経新聞
愛染まつり 5年ぶり宝恵かごパレード ウクライナ人女性も
https://www.iza.ne.jp/article/20220630-WLSQDIXEYZPZJMHUNUUWQHQH2Q/


朝日新聞
5年ぶりに「愛染さんじゃ」大阪・愛染まつりの宝恵駕籠パレード
https://news.yahoo.co.jp/articles/f10e4709c03d1d64d0e34eb092567b674d1e5730/images/000


毎日新聞
平和願って 大阪・愛染まつりにウクライナからの避難民が参加
https://mainichi.jp/articles/20220630/k00/00m/040/250000c

読売新聞
夏の訪れ告げる愛染まつり、ウクライナから避難の女性も参加…大阪
https://www.yomiuri.co.jp/stream/article/19627/

大阪日日新聞
大阪に夏の訪れ告げる愛染まつり ウクライナ人学生も参加
https://www.nnn.co.jp/dainichi/knews/220630/20220630068.html

読売テレビ(動画あり)
大阪で「愛染祭」始まる ハイライトの「宝恵駕籠行列」も復活 祭りの規模は縮小
https://news.yahoo.co.jp/articles/3316236cb6b85d3a704ecad55df309cbd9b7632d




愛染明王のご開帳

秘仏本尊 特別ご開帳期間
令和4年 6月30日、7月1日
ご利益は、

縁結び・良縁成就
商売繁盛

勝利開運、疫病退散
愛染明王の特別御開帳は、6月30日〜7月1日の2日間のみです。。

お参りの際はコロナ対策を万全に、マスクの着用をお願いいたします。
※多宝塔の大日大勝金剛尊 ご開帳も愛染まつり期間(6/30〜7/1)のみ



宝恵駕籠パレード
令和4年度は、宝恵駕籠(ほえかご)パレード」が、5年ぶりに復活します。
6人の愛染娘をはじめ、ウクライナから避難してきた学生とともにパレードを繰り広げて、疫病退散や世界平和を祈願するお祭りにしたいです。

パレードは6月30日、午前11時半に阿倍野区の清風情報工科学院を出発。
徒歩にて歩道を天王寺公園前(てんしば)まで進んだ後、
谷町筋の車道を愛染娘が交代しながら駕籠に乗って愛染堂を目指します。


▲地図クリックで拡大
今年のルートは全長約3.1キロメートルとなりました。

もしカメラ撮影をされたい方は、天王寺公園(てんしば)で待ち伏せされていると良いでしょう。
宝恵駕籠も正午ごろに、そこからスタートなので、当日は待機させております。


▲天王寺公園 中央の芝生エリアあたりを予定

愛染堂の境内では恒例の駕籠上げをいたします。午後1頃 到着予定
愛染娘6名とウクライナからの女子3名、合計で9名の駕籠上げとなります。


▲恒例の駕籠上げ

宝恵駕籠(駕籠上げ)は、大阪を景気づける為に、両日行います。 7/1は午後2時予定




令和4年の愛染まつりも、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として、規模縮小で開催いたします。

コロナ対策による変更点
・日程を3日間 → 2日間とします。2022.6月30日(木)、7月1日(金)
・午後7時で閉門いたします。
・縁日の露店出店はありません。
・宝恵駕籠(駕籠上げ)は、大阪を景気づける為に、両日行います。
・夏越しの祓え大法要は6/30 金堂内にて厳修します。

動画配信
・今年は動画配信はございません。